多汗症の原因は?手掌多汗症と交感神経の関係

多汗症の原因とは

 

多汗症の原因について解説します。

 

緊張した時などに手に汗をかいたり、冷や汗がでたりこれらは誰もが一度は経験したことがあると思います。

 

たかが汗と思うかもしれませんが、しかし中には異常なまでに汗をかきすぎてしまう人がいるのです。

 

手汗を治す方法・多汗症を治す方法はないかと思っている人も少なくはありません。

 

そういう人達にとってこの手汗や多汗症は頭を抱える大きな悩みとなります。

 

 

多汗症の原因

 

「多汗症」とはその漢字の通り汗を多くかく症状をいいます。

 

汗をかくのは当たり前だと思うかもしれませんが、多汗症の場合は異常なぐらいに汗をかき、わきの下や手のひらだけではなく、足の裏や頭にも及びます。

 

発汗する部位によって手掌多汗症を始め・足底多汗症・腋下多汗症・顔面多汗症・頭部多汗症・全身多汗症などに区別されています。

 

その中でも特に多いのが手のひらでおこる手掌多汗症です。

 

日常生活をする上で大切な手という部分の症状のため、滴り落ちるぐらいの汗に勉強や仕事に支障が出たり・握手ができない・触ったものが濡れてしまうなど日常でも不自由を感じる辛い症状なのです。

 

これらの多汗症の原因は自律神経の一つの交感神経の働きが活発になるためと言われています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

 

交感神経は、体を動かす時やストレスを感じた時・緊張した時などに働く神経で、血圧を上げたり、汗をかいたりなどの作用があります。

 

一方の副交感神経は、体を休めている時やリラックスしている時・寝ている時などに働く神経で交感神経とは逆の作用をします。

 

普段はこれらの二つの神経がバランスよく保たれているのですが、多汗症は精神面やホルモンの乱れなど様々な原因で交感神経が働き過ぎるためにおこると言われています。

 

多汗症改善方法はこちら